君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

オスプレイが人口密集地を飛ぶ恐怖

2018年4月6日

「オスプレイがくる!」との知らせがあったのは、4月3日。
この日夕方には、米陸軍「横浜ノースドッグ」に貨物船から陸揚げされました。そして5日午前11時には横田基地に向けて離陸しました。

IMG_2816

日本共産党神奈川県委員会と日本共産党神奈川県議会議員団は、知事あてで要請文を提出しました。私は残念ながら参加出来ませんでしたが、大山議員、木佐木議員、藤井議員が、ノースドッグへの搬入に抗議するとともに、横田基地配備の撤回を求めました。

あのオスプレイが、みなとみらい地区のビル群の中を飛び交うのも、住宅が密集する横田基地周辺を降下してくるのもあまりにも恐ろしい光景でした。
そもそもノースドッグは、港湾施設です。ところが最近、なし崩し的に飛行訓練が行われています。ここでも基地機能の強化が狙われているのです。

オスプレイは、一昨年12月13日には名護市沖で墜落し、昨年1月にはイエメン、8月にはオーストラリア、9月にはシリアで墜落事故を起こしています。9月には石垣空港に緊急着陸するなど、事故が多発しています。
また、今回配備されるCV22は、米海兵隊のMV22よりも危険な訓練を行うため事故率も高くなっています。住宅密集地や、コンビナートが立ち並ぶ臨海部を飛行するのは、危険この上ありません。

そしてさらに許せないことは、今回3月16日には、配備を米軍から通告されていながら、政府が国民には3週間も隠していた事です。
河野外務大臣は「米軍の要請により、国民には知らせなかった」といいますが、国民の要請は容易には受け止めない政府が、米軍に対してはいいなりです。
陸上自衛隊の長期にわたる日報隠ぺいと同様に、国民が知らされないうちに何が進行しているかわかりません。国民不在の政権を早く退陣させなければ、国民の命と安全は危険にさらされされ続けます。(2018.4.5)

IMG_2818

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP