君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

粘り強い国民の闘いと共謀罪閣議決定

2017年3月23日

●政府は、首相が外遊で不在の中、「共謀罪」を盛り込んだ「組織犯罪処罰法改正案」21日閣議決定し、国会提出しました。
内閣法で、閣議は首相が主宰することが定められていますが、あらかじめ首相臨時代理に指定された麻生副総理により執り行われました。重要法案でありながら、日程を最優先する政権の姿勢を、ここでも読み取ることができます。

●南スーダンにおける自衛隊の「日報隠し」、日報の内容めぐる稲田防衛大臣の迷走、さらに国有地めぐる森友学園の疑惑の数々、そこに関わる首相夫妻等々…。本来なら政権が何度も吹っ飛んでおかしくないような状況の中で、またもや数の力で強引にことが進められています。

●国民も粘り強い闘いを繰り広げています。沖縄の新基地建設許さない闘い、原発ゼロをめざす闘い、秘密保護法・安保法制許さない闘いが、国会前でも全国各地でも。
国会では、2013年から毎週金曜日、反原連の行動や希望のエリアの取り組みで原発ノーの声が響いています。先日平和公園で行った原発ゼロをめざすカウントダウン集会のように各地でも息の長い取り組みが続いています。
「未来のための公共」と名付けた集会も3月17日から新しく始まりました。20170321

●議会や議員としての行動で、なかなか集会などにいけない日が続きましたが、19日は久しぶりに国会に行くことができました。
総がかり行動実行委員会主催で、「共謀罪反対」「森友疑惑徹底究明」「南スーダン即時撤退」などを掲げ集まりました。4800人の参加はちょっと残念。数万で埋め尽くすようにならなければね。
外務省脇の桜が開きかけていました。(2017.3.21)

IMG_0631

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP