君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

町議選の応援で真鶴町へ

2017年9月20日

●24日投票で、箱根町と真鶴町の町会議員選挙があります。19日告示ですが、この日は県議会開催日で行けません。

16日は真鶴町に駆けつけました。
定数11、現在、黒岩のり子さんが、共産党の貴重な一議席を守り奮闘しています。
この4年間で生活相談200件には驚きますが、最近も真鶴駅の南と北をつなぐ歩道橋のエレベーター設置で、大山奈々子県議とともに神奈川県の担当者と交渉をしています。
また国保都道府県化の問題でも高すぎる保険料を引き下げるため、県議団とも連携し取り組んでいます。
中学校給食も親子方式の提案をしながら、実現めざしています。
コミュニティバスの改善や、デマンドタクシーの提案をし、町民の足の確保も図っています。実際坂が多い町ですから、車を持たない方など、共同で利用できる交通手段は必須だろうなと思いました。

IMG_1865(湯河原町並木まり子町議と)

●この日は、お隣湯河原町の並木まり子町議と一緒でした。住宅街の数か所で黒岩のり子町議の応援演説をしました。
穏やかに暮らしている街の雰囲気を感じることができました。

先日の代表質問で、市町村合併の問題を取り上げ、様々な合併の弊害も調べ、一方で規模の大小にかかわらず「輝く町」の実例も学びました。
自治体の成立ちにプライドを持ち、安心して暮らし続けることが可能な町にしたいものです。
その為に、政府が掲げる地方創生政策ではなく、住民が主役となり、行政とともに自発的な街づくりを進め、そしてそれを国や県が支えていくことが必要です。

平成の大合併時に、この町は住民投票を行い、20数票差で合併を退けたという話を、宣伝カーの中で聞きました。嬉しいですねえ。住民の皆さんがこの町に愛着を持っていたんでしょうね。
住民福祉の増進とともに、地域経済の好循環をつくり、住民が誇りを持ち続けられる「わが町」をつくりたいものです。(2017.9.16)

IMG_1861

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP