君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

寒川町議選頑張れ!三つの議席確保 |君嶋ちか子|神奈川県会議員

2021年2月2日

●2月7日投票で寒川町議会選挙があります。

日本共産党は、今3人の議員が頑張っています。この3つの議席は必ず守らなければなりません。現職の青木ひろし議員と山田政博議員、そして新人の吉田耕一氏が立候補を予定しています。28日応援に駆けつけました。私が行ったのは、二期目をめざす青木町議の地域。

●青木議員は、4年間で多くの実績をつくってきました。

*国保料の引き下げ

*中学校卒業までの医療費無料化制度所得制限を撤廃

*新入生の就学援助金の前倒し支給

*町営プールの再開

*住宅リフォーム助成制度の拡充

*危険なブロック塀改修の補助制度創設

●二期目に向けては、次の実現を目指します。

*PCR検査の拡充で感染抑制を

*コロナの影響受ける中小業者支援の強化

*洪水対策の強化

*国保料のさらなる引き下げ など

●私が注目したのは、中学校給食の実現です。町は、小学校の自校方式を廃止して小中学校合わせたセンター方式を計画しているとのこと。

なんてもったいないことを考えるのでしょう!

川崎の中学校給食実現のために自校方式について、度々学ぶ機会がありました。美味しさ、あたたかさ、アレルギーなどへの細やかな配慮、食育、等々、どれをとっても自校方式の優位性は明らかです。センターで工場のように作られる給食とは、歴然とした差があります。

まして、今ある各校の設備や実績を投げ出すなんてとんでもありません!聞けば寒川町の小学校給食は、質的にも高い評価を受けているそうです。この優れた財産を自ら投げ出すなんて!

「自校方式を維持し、中学校給食の早期実現を求める請願」には、3500筆を超える署名が添えられているそうです。

青木さん初め共産党議員団は、この請願に寄り添い自校方式の学校給食をめざしています。

●とっても寒い日でしたが、地元の皆さんとともに十数か所のポイントで、青木議員の実績を伝え、次期の政策を訴えました。

自校方式による学校給食は、当然力が入りました!

コロナ対策も、県の状況伝えながら、PCR検査の拡充、医療機関を支えることの重要性などを訴えました。

新しい有力候補も加わり、とても厳しい選挙と聞いています。頑張らなければ。(2021.1.28)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP