君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

住民の健康づくりの場を奪わないで!体育センター使用料値上げ |君嶋ちか子|神奈川県会議員

2019年8月28日

神奈川県立体育センターには、テニスコート・プール・陸上競技場・アリーナなどの施設があり、今再整備を進めています。
再整備後には、2020年4月を目途に教育委員会からスポーツ局に移管され、名称が、県立スポーツセンターに変わります。同時に使用料金が変わります。この料金改定が今、問題となっています。

●施設のあり方と使用料の考え方について、県議団は、はたの(畑野)君枝議員と加藤元県議らとともに、スポーツ局の説明を求めました。
「体育の振興を図り、県民の心身の健全な発達に寄与する」という従来の目的が、「スポーツを推進し、県民がスポーツを楽しむことによって、健康で豊かな生活および活力ある地域社会の実現に寄与する」という具合に変わります。
施設ごとに違うのですが、全体としては使用料が上がります。また現行無料の駐車料金が有料となります。

●使用料の考え方として、「利用者負担原則」「近隣及び類似施設の料金等の考慮」を掲げたうえで、「学校体育の発展」「障がい者への配慮」「競技力向上」「かながわパラスポーツ推進」に寄与する場合は減免措置を行うとしています。
使用料・駐車料金にわたり、障がい者個人使用の場合は、全額免除となります。この点は共産党県議団が求め実現したものです。

IMG_5592IMG_5591 

IMG_5593

●私達は、使用料全般が高くなっている事とともに、駐車場の有料化を問題とし、見直しを求めました。
駐車場有料化については、センター利用者以外の人が駐車することを有料化の理由としていましたから、このケースには、施設利用の受付印などで十分対応できると指摘しました。引き続く課題です。
そもそも、利用者負担原則を見直してほしいところです。

●続いてセンター近隣の住民の声を聞くために善行を訪れました。善行駅(ぜんぎょう、小田急江ノ島線)から工事中のセンターを突き抜け、住民の方々とお会いしました。
テニスコートは1時間690円が1000円に跳ね上がりますが、藤沢市の五つの公園内テニスコートは、600円です。
プールは、一回250円が、600円になりますが、近隣のスポーツクラブなどでは、プール・ジム・温泉・スタジオなど含めた施設が月額8000円で使用できます。
これら近隣の施設状況を持ち寄りながら、要望が出されました。

●「高齢者にとっては、今まで、安い使用料で、体を動かすことができ、かつ交流の場ともなってきた」「料金改定により他の施設に流れるのではないか」「駐車場有料化は痛い、時間で料金が上がるので、落ち着いて使用出来ない」等の声が種々寄せられました。また、「これで利用者が減れば、民間譲渡や指定管理などが用いられるのでは」との懸念も示されました。
「未病というなら、健康で過ごすために利用している住民に安く提供するのが当たり前じゃないか」「年金が減りつづけているし、利用回数を減らさざるを得ない」など予想通りの不安の声が次々と。

●知事の未病の掛け声とやっている事が実にウラハラです。
未病の広告映画に3000万円をかけたり、未病スーツ一着35万円を数着作ったりしています。
未病の言葉の宣伝にお金をかけながら、県民が健康で過ごすためのスポーツや交流の場を奪わないで下さい!本当に腹が立ちます!(2019.8.26)

001

(2019.8.29付 しんぶん赤旗)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP