君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

いよいよ君嶋ちか子事務所開き!

2019年2月8日

●大勢の方に集まっていただき、ありがとうございました。
次々頂く励ましの言葉に、また大笑いしたり、照れくさかったり。普通は褒められる場面は結婚式ぐらいかと思いますが、議員は度々こういう言葉をいただくので、ちょっと申し訳ないような気持ち。

IMG_4406

●オープニングは、松平晃さんのトランペット演奏。
中原区は贅沢ができます。全国区で活躍する松平さんが地元なので、集会・パレードなどで度々お世話になるという訳です。音楽があると場面が変わります。

●最初の言葉は市古てるみ市会議員。いつもながら、私の特徴をとらえ、テンポよく励ましてくれます。
思えば、市古さんには何度も私を評していただきました。この議員生活の発端も市古さんでした。

●次は、北大時代からの付き合いのK君。「チームちか」と称して、選対の皆さんにもエールを送ってくれました。
また、事務所に掲げてある亡き娘優の写真にも触れて、私の心中にも通じる言葉を語っていただきました。聴いている私はまたウルウル。

●そして、何度も議会傍聴・つどい・報告会にも参加していただいた横浜のSさん。
私が県立高校への選挙干渉として取り上げた県警本部への質問について、神奈川県議会で初めての質問の意義は大きいと。また津久井やまゆり園の取り組みも評価していただきました。
いつも励ましていただいています。

●続いて、原発汚染を追い続けるHさん。神奈川県に関わる汚染関係の状況を調べるのに、私が少しばかりお手伝いしたことがありました。
一市民として粘り強く原発問題にとりくむHさんに、私こそ敬意を表したい気持ちです。希望のエリアの常連でもありました。

●最後の激励は、全労働省労働組合の後輩、今、国公労働者の組合で闘うKさん。私が労働組合役員の頃、本部大会で中央執行部に対し、度々異議を唱えていたと。そうそう、私は、いわゆる「上からの指示」にも疑問を持つこと少なからずあるんですよね。
労働組合の仲間、頼りにしています!

●次は、共に闘う市古次郎市議予定候補からのエール。
私の演説で心に残るフレーズが「人間は生きるために仕事をします。その仕事のために命を落とすことがあってはなりません」であると。この言葉には私の実感がこもっています。私はこれを語る時に、過労の末に死に至った高橋まつりさんや渡辺航太君の顔が浮かびます。

●最後はおおば(大庭)裕子市会議員。「君嶋さんの演説で感心するのは、最新のニュースを取り入れている事」と。アー意識していなかったけれど、そうかーと聞く私。これからも朝宣伝の前に、新聞もっとしっかり読まなくては、と思った次第。
おおば(大庭)さんには、いつもお世話になっています。

IMG_4408

●皆さんの激励を受けて、私が語ったのはやはり「共産党の議席の重さ」です。神奈川県議会を経験して、その実感深まりました。
利権や圧力とは無関係な共産党の議席だからこそ、住民の立場に立ちきることができます。
また国政課題を避けずに取り組めるのが、共産党の議席です。暮らしが国政と無縁でないことを堂々と訴えられるのは、国政・県政・市政が「住民本位」という一貫した姿勢に貫かれているからこそできる事です。
この議席を再びかちとり県政・市政を住民のものとしていくこと、そして国政も変えていく大きな力とすることを、皆さんと熱く確認し合いました。

IMG_4411

事務所は狭く入りきらず、さりとて、外の歩道も狭く、全体として外で行うこともできず、皆さんのお顔を見ながらお話しできなかったのが残念。
そのうえ、マイクの通りも悪く、外の方はよく聞こえなかったようで、本当に申し訳ありませんでした。(2019.2.3)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP