君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

「きみちかスマイル 春のつどい」

2016年3月23日

●県会議員になって早くも1年近く。昨年2回県政報告会をやってきましたが、今回は少し早い1周年記念のつどいを行いました。名付けて「きみちかスマイル 春のつどい」です。

●今回は、県政報告と趣を変えて、ゲストをお迎えしました。ゲストは、参議院比例代表予定候補の椎葉かずゆきさん。椎葉さんには5党合意と安保法制をめぐる情勢を中心に語っていただきました。椎葉さんお忙しい中ありがとうございました。

●次のコーナーは「ちか子の部屋」と称して、椎葉さんとの対談。候補者のお話を受けた時の心境、この一年間で一番心に残ったことなど話していただきました。今一番何をしたいかとの問いには「共産党との距離がある人ともっと話がしたい」と。国会議員になって一番やりたいことはとの問いには「雇用問題」と。誠実な話しぶりで参加者の心を捉えました。(Kさんからフェイスブックで「髪型といい、強烈なキャラといい『ちか子の部屋』にふさわしいですね」と楽しいコメントを頂きました。)

IMG_1962

20160320_集い

●続く第2部は、議会で取り上げた3人の方に登場していただきました。代表質問の一つとして、神奈川県関連組織の働き方を取り上げています。県が影響力を持つ組織の働き方を適正化せよ、というものです。
県が大きく関与している「かなフィル」を不当解雇されている杉本さん、県立愛名やまゆり園の指定管理者から不当な復職拒否を受けている岩元さん、県が指導権限を持つ社会福祉法人の施設で不当配転を強いられている佐藤さんに、それぞれの問題と県会質問にかかわり報告していただきました。それぞれ自らの仕事に誇りと愛着を持つ方々です。早く職場を正常化し、彼らが職場で奮闘できる日を迎えたいと強く思いました。

●続いて地元の活動を支えていただいているSさん、大庭裕子市議、市古てるみ市議からも挨拶を頂きました。過分なお褒めの言葉に照れながら、選挙を楽しく闘ったことなどを懐かしく思い出しました。
最後は私からの挨拶。忙しい中で県議の活動を支えていただいている皆さんに心から感謝の意をお伝えしました。思いがけない方や遠くからの参加の方も本当にありがとうございます。

●主に2点お話ししました。一つは県に何を求めていくかです。県立学校と市立学校の差などを例に、県は直接的に県民の要求に接する機会が少ないことから、県民の実態や要求に極めて鈍感であることを指摘しました。また大阪府の中学校給食実施率を高めるための補助金を例にしながら、県が果たす役割を強調しました。
二つ目には、少数派の共産党議員団ですが、数で決される事柄だけではなく、切実な県民の声を取り上げることが、どのような形で広がりを持っていくかについてお話をしました。

●かつてない広範な国民が自ら声をあげ、安保法制をきっかけに国の在り方まで見通すようになったこと、そして変えるためには選挙と結びつけることが必要だと明確に意識したこと、これらの変化は本当にうれしいことです。この力を具体的な形にするために、皆さんとともに全力を上げたいと思います。(2016.3.20)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP