君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

安倍政権から国を守りたい!

2015年4月27日

わくわく塾

「玉川9条の会」が主催する「憲法わくわく塾」に参加しました。テーマは「憲法は宝物~国を守るとはどういうことか」。講師は慶応大学名誉教授・弁護士の小林節(こばやし せつ)さん。

「改憲論者」といわれていた小林さんに、私たちが接することが多くなったのは、集団的自衛権行使容認にかかわる首相の横暴が目立ってきた頃から。

私が印象深く聞いた点は以下の通り。

<「国を守る」とは>国民の幸せを守ること。

国家の存在理由は、国民の幸せの維持・増進。国民の幸せの条件は、自由・豊かさ・平和。戦争はこれらの対極にある。

<戦争法>は、明白に憲法9条1項・2項に違反。安倍政権は99条(憲法尊重擁護義務)違反の専制・独裁政権。戦争法を確実に消す方法は政権交代。

<忍耐強い論戦こそが>王道。言い続けることで確実に世論は変わってきている。

そして私は、小林さんの「改憲」の中身を直にお聞きしたかったのですが、別の方が先に聞いてくれました。

その問いに対して小林さんは「もっと9条をクリアにしたかった」と。

付け加えたかったことは「二度と再び侵略戦争はしない」「日本を侵略の対象とする国とは堂々と戦う」「自衛権を持つ」などだそうです。

憲法違反、かつ憲法破壊の安倍独裁政権に対抗する繋がりが、広く厚くなることは心強い限りです。 (2015.4.26)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP