君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

建設労働者の頑張り・ヘイト街宣の延期・野党共闘・沖縄そして地方選

2018年1月24日

●21日は、日程がかなり重なった日でした。午後だけでも川崎建設労働組合連合会(川連)旗開き、ヘイト反対の宣伝行動、幸区後援会新春のつどい、中原区後援会新春のつどいと続きました。
ほぼ同じ時間帯に集中していたので、本当に「汗をかき」ながら駆け回りました。
汗をかくのはいいとして、じっくり参加できないのが残念なところ。それぞれに心を残しながら、次に向かいました。

●川連の旗開きで思ったのは、建設労働者の頑張りです。アスベスト訴訟の勝利はいうまでもなく、建設国保の改悪をはねのけ、制度の改善を勝ち取っています。そしてさらに組織の拡大まで成功させているのですから。

2018川連旗開き

●予定されたヘイト団体の行動は延期(実質的に中止?)され、適正な警備などを申し入れた私達は胸をなでおろしたところですが、「ヘイト許すな」の宣伝行動は予定通り川崎駅東口で行いました。
これらの内容については、前ブログでも書きましたが、その後ネット上でも、実質中止を実に多くの方が喜んでくれました。人間の優しさや誠実さを感じることができました。またヘイトに関わる共産党の一連の行動を、率直に捉えていただいたのもうれしいことでした。

IMG_2536

●幸区後援会新春のつどいは、挨拶だけの参加となりましたが、皆さんの熱気を十分感じることができました。
社民党の方にも参加していただいてました。後程ご挨拶の内容を伺いましたが、衆議院選挙の際の10区の社民党・共産党の共闘を評価し、はたの(畑野)君枝衆院議員の勝利を喜んでいただいたと。

●中原区後援会新春のつどいには、間に合ってホッとしました。
県議会の最近の状況と私達の取り組みを報告しながら、「早いなーもうすぐ最後の4年目をむかえるんだー」と。そして「アーこの顔ぶれで来年の地方選挙を闘うんだ」という実感がわいてきました。
楽しいような恐ろしいような…この「恐ろしいような」は、今回初めて味わいつつあります。前回はその恐ろしさは全く眼中になく、楽しさだけでしたが。
沖縄名護市長選挙の応援から帰ってきた方の報告もありました。「今までとは全く様相が違う。このままでは稲嶺市長は勝てない」と。基地建設強行を企てる政権初めとした勢力の凄まじい取り組みがあるのだと思います。
でも決して負けられません!沖縄だけの問題ではありません。日本の未来がかかっています。(2018.1.21)

IMG_2533
IMG_2539._2jpg

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP