君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

県議会本会議で、議案・請願等の採決

2016年10月17日

14日は、第3回定例会前半の議決日。IMG_0930
●この日、「共生社会に向けた憲章」は第一議案。(定県第110号議案)
井坂団長が賛成討論を行いました。憲章作成過程の問題点(きわめて短期間であること、当事者参加がないこと等)を指摘しながら、今後条例制定含め施策を具体的に進めることを求めました。もちろん自らの決意を込めて。

県議会とは_01

第二議案は、「補正予算」を含めた21議案。共産党は7つの議案に反対し、他の議案には賛成しました。反対討論は大山議員。以下反対項目と理由です。
▽ 県立保健福祉大学の公立大学法人化に向けた移行準備費についての補正予算。独立大学法人は短期的成果を求められることが多く、安定した研究環境を奪われています。法人化後の予算の削減も多くの大学を苦しめています。(定県第89号議案)
▽ 横浜国際高校のバカロレア認定校目指す新棟建設のために予算が組まれていますが、これは認定のための必須条件ではありません。また、多くの県立高校が雨漏りや落下する窓枠や壁など、激しい老朽化に悩まされています。これらに先んじて、国費助成が充実している横浜国際高校などにさらに財政を投じることは、教育の機会均等の理念に反します。(定県第89号議案)
▽ 県立高校の名称変更のための条例案は、県立高校改革の学科改変等に伴うものです。県立高校改革が抱える格差助長の問題とともに、親しんだ校名や校歌を変えることを強いる結果となっています。(定県第100号議案)
▽ 水源環境保全税の延長のための条例案が提案されていますが、保全事業は一般財源で進めるべきです。(定県第93号議案)
▽ 「収入証紙に関する条例」及び▽「神奈川建築基準条例」それぞれの一部を改正する「条例案」は、規制緩和とともに大型の市街地再開発計画を進める街づくりにつながるものです。(定県第92号議案、同99号議案)
▽ 住民基本台帳法施行条例の一部を改正する条例は、住基ネットの利用拡大に伴うものです。住基ネットについては個人情報についてのリスクなどの点から、反対しています。(定県第91号議案)

「何でも反対の共産党」とよくいわれますが、少しでも県民生活の向上につながるもの、或いは支障をきたさないと思われる他の14議案には賛成しました。

●「私学助成の増額」「中小企業・小規模企業活性化推進条例を活かし、地域経済の活性化を求める」等の7件の請願の採択について、共産党は賛成しました。
 「中学校給食補助金制度創設」「県立川崎図書館の市内存続を求める請願」は、神奈川ネットの賛成もありましたが、他の請願は残念ながら共産党のみの賛成でした。

●4件の意見書案については、他会派提案の意見書含め共産党は全て賛成しました。
 「核兵器禁止条約の早期締結を求める意見書」案は共産党議員提出で、神奈川ネットと共産党のみの賛成でしたが、「核軍縮・核廃絶に向けた取り組みの一層の強化を求める意見書」案は自民党議員提出で共産党も賛成し、全会一致となりました。(2016.10.14)

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP