君嶋ちか子

きみしま 千佳子
戦争する国づくりストップを!
市民とともに 県政を動かす!
神奈川県議会議員
活動日誌

「今になってわかったよ・・・」

2014年9月19日

19日は後援会の紹介で挨拶回り。午前中で印象的だったこと。

45年間営業を続けてきたお蕎麦屋さん、「店を閉めることにしたよ。跡継ぎもいないし、俺たちの仕事は長時間労働、もう体がきついわ」と。「地元の商店が少なくなっていくのは寂しいし残念」と私。話の中で小泉首相に触れたら、「あの構造改革はひどかったねえ。あの時は規制緩和に俺たちも賛成したけど、今になってわかったよ。大型店の営業をひと晩中やられたら、地域の小売はひとたまりもないね。以前はスーパーが閉めた後、細々売りながら食いつないでいたけど、今はそれができないよね」。「息子に継がせたこと後悔してる奴も多いよ」。

「大型店やチェーン店ばかりじゃ、地元にお金が回りませんしね」と言うと、すかさず「そうそう、お金も回らないし、自治会や商店会にも入らない。もうダメよ。ひどいもんだねえ」。あまりに話が合うので、私はだんだん赤旗新聞の取材でもしている(?)ような気がしてきました。

そうです。このような象徴的な話が決して珍しくないのが、今の日本です!

と思うと、そのように核心に触れる場面ばかりでもありません。午後は、ガード固い人も結構いましたねー。「政治的な関わり持ちたくない」と思っている人、まだまだ多いんですよね。

新着記事

  • 過去の記事

  • facebook
PAGE TOP